大阪発 国土交通省認定ドローン検定指定校 GARDENZドローンスクール

お問い合わせ専用番号 / 10時〜18時(土日祝除)

06-6147-8121

講習日程

お問い合わせ

ドローン

新着情報

ドローン検定公認 ドローン検定3級と基礎技能講習、目視外飛行と催事上空講習(応用技能講習)が3日で取得できるコースが新登場!

 

ドローン検定3級〜基礎〜応用が3日間で取得でき、価格も大変お得!

国土交通省認定機関であるドローン検定協会の直轄校、「GARDENZ Drone School大阪校(大阪市)」では、11月よりドローン検定の公式ライセンスである「ドローン検定3級」「基礎技能講習」「応用技能講習(目視外飛行+催事上空)」資格が3日間で取得できる『GDS大阪校オリジナル ドローン操縦士特別コース』を開催します。

 

 

このコースは、ドローン検定試験の3級ライセンス講座と基礎技能講習に加えて、目視外でドローンを飛行させる際に必要な技能講習を3日間で行うことで、ドローン飛行に関する基礎と応用を学びます。このコースを修了することで、国土交通省に申請する書類の一部を省略することが可能となります。

 

 

もちろん、国土交通省への申請条件である「10時間の飛行履歴」も公式ログとして登録されますので、飛行許可申請も安心です。

 

 

今回はこの「ドローン操縦士3日間特別コース」を、通常価格126,700円のところ、6,700円オフの120,000円(消費税込み)にて提供致します。

 

受講料金に含まれるもの(すべて消費税込み)

 

  •  ・3級ライセンス講座(21,000円)
  •  ・基礎技能講習(69,800円)
  •  ・応用技能講習(目視外飛行・催事上空)(34,800円)
  •  ・ドローン操縦士カード発行手数料(1,100円)

 

※終了認定証発行、3級ライセンスカード発行などは含まれています。

 

 

ドローン検定の日程によっては、3ヶ月以上も早く取得できます

2019年ドローン検定の試験日程は11月17日ですが、これが年内最終の開催となります。

これを逃すと2020年度になり、それぞれ1、3、5、7、9,11、と奇数月開催となってしまいます。

来年1月に受験をし、基礎技能講習と応用技能講習を受講すると1月末〜講習の日程によっては2〜3月となる可能性もあります。

 

仕事で必要な方や、いろいろな理由で早く取得したい方にぴったりです。

もちろん、個別の申し込みも受け付けております。

 

 

お問い合わせはGARDENZ Drone Schoolの問い合わせフォームからお願いします。なお、お電話でもお問い合わせは可能です (06-6147-8121)

 

GARDENZ Drone Schoolお問い合わせフォーム

 

 

お申し込みはこちらから(決済フォームに飛びます)

 

 

 

———————————

以下は、ドローン検定の「3級ライセンス講座」「基礎技能講習」「応用技能講習」って何?という方向けの説明です。

 

GARDENZ Drone Schoolの3級講座を受講すると、3級試験が免除されます

基礎技能ライセンスを取得するには、4級以上の試験合格実績と基礎技能講習を受講しなくてはなりません。試験は2ヶ月に一度の開催ですので、もし試験の申込みが締め切られたところだったりすると、次の試験まで2ヶ月も待たなくてはなりません。GARDENZ Drone Schoolの3級講座を受講していただくと、この試験が免除になります。価格は21,000円(税込み)です。お急ぎの方はこちらでいかがでしょうか?

 

ドローン検定の3級ライセンス講座の内容はこちらから

 

 

基礎技能講習を修了すると、国土交通省への許可申請が楽になります

10時間の飛行履歴が『公式ログとして』登録されます

ドローンを飛行させるには国土交通省の飛行許可を取得する必要があります(場所によっては必要がないケースもあります)。この飛行許可を申請するためには、自力で許可が必要のない場所で10時間の飛行履歴が必要です。最近では、企業でこの履歴を確認するところもあるそうです。

GARDENZ Drone Schoolの基礎技能講習は、きちんと10時間の飛行履歴がドローン検定のサイト上で公式ログとして登録されますので、いつでも飛行許可履歴をダウンロードすることが可能です。もちろん、国土交通省認定機関であるドローン検定の公式ログとして、です。

また、講習の修了認定証は、DIPS(インターネットで許可申請を行う国交省のプラットフォームサービス)にて許可申請を行う際に添付することによって、申請書類の一部を省略することが可能となっており、申請が少し楽になります。

 

ドローン検定 基礎技能講習の内容はこちらから

 

 

 

目視外飛行や催事上空飛行の承認申請をするなら、ドローン検定の応用技能講習がおすすめです

ドローンを何10mの高さまで上げると、もはや人間の目では見えない高さまで上昇し飛行させることが出来ますが、この状態ではモニターを見ながら飛行させるしかありません。GPSや飛行高度、カメラなどで情報を収集しつつ飛行させるには『目視外飛行』の飛行許可承認が必要となります。

最初の飛行許可ではこの「目視外飛行」の申請は実績がないためほぼ承認されません。GARDENZ Drone Schoolの技能講習では目視外飛行の技能実習を行うことで技能実績を積むことが可能です。DIPSでの承認申請時に修了認定証を添付することで、同じく書類の一部を省略することが可能となります。

 

ドローン検定 応用技能講習の内容はこちらから

 

 

ドローン検定の認定者数は業界第一位!

ドローン検定協会が第三者調査機関により、認定者数業界1位であることを認証されました

 

ドローン検定協会が実施する無人航空従事者試験は、延べ受験申込者数が1万人を突破し、各種検定等においても、延べ認定者数が約8000名(技能認定含む)を超えております。

調査機関テフコの調査によると、6月1日付で国土交通省航空局ホームページに掲載された無人航空機関連の講習団体に対して延べ認定者数の調査を行ったところ、ドローン検定協会による認定者数がドローンの資格として業界で1位であることが確認されました。

※ドローン検定のHPより引用

※令和元年9月30日現在では21,000人を超えております。

 

知識を問われる筆記試験としてはドローンスクール唯一の試験であり、ドローン操縦士としての知識を身につける機会となっております。

 

トップへ戻る