大阪発 国土交通省認定ドローン検定指定校 GARDENZドローンスクール

お問い合わせ専用番号 / 10時〜18時(土日祝除)

06-6147-8121

講習日程

お問い合わせ

ドローン

新着情報

ドローン検定の基礎技能講習についてできるだけわかりやすく説明するよ!

この前、 ドローン検定の基礎技能講習って、受ける意味があるのかないのか 、について書きましたが、たまに 『基礎技能講習ってどんなことをするんですか?』という質問を頂いたりしますんで、もう一度かんたんにまとめておこうと思います。

 

ドローン検定協会のWEBサイトにほとんど載ってないので、ドローン検定の3級に合格して次に基礎技能講習を受けてみようかな、と思う人はどんな内容なのかわからないようです(と、この前問い合わせで言われました)。

 

 

基礎技能講習は、ドローン検定協会の資格『ドローン操縦士』を取得するために必要な技能講習です

「ドローン検定」は1〜4級まであり、試験が年に6回(奇数月)あります。

 

そして4級以上の筆記試験に合格すると、技能講習を受講することが出来ます。

 

技能講習を受講し修了試験に合格すると、ドローン操縦士資格が取得できます。

 

同時に「技能認定証」がドローン検定協会から発行されますが、これがあることによって航空局の飛行許可承認の発行がスムーズになります。

 

 

ドローン教習所のご案内

ドローン教習所というのは、ドローン操縦士になるために必要な座学と技能を学べる機関です。

 

画像にドローン教習所へのリンクを張っていますので、ご興味ある方はクリックして見てみてください

ドローン教習所TOP

 

こちらが、教習所ページ内にあるGARDENZ Drone Schoolのバナーです

GDS大阪校バナー

 

この基礎技能講習は、ドローン検定協会の直轄校である「ドローン教習所」でしか受講できません。

 

ドローン教習所の説明について、ドローン検定協会の「ドローン教習所」のページから引用します。

『ドローン教習所』は、ドローン検定協会の登録商標です。ドローン検定協会が全国に展開する「ドローン教習所」では、基礎技能講習及び応用技能講習が実施されています。自動車学校とドローン検定協会が共同で開発した自動車教習のノウハウを取り入れた無人航空機講習カリキュラムによって、受講開始までに無人航空機の操縦経験がなくても、修了時には許可・承認申請に必要な最低限の操縦能力を身に着けることができます。

 

特に大事な箇所はここです。

 

自動車学校とドローン検定協会が共同で開発した自動車教習のノウハウを取り入れた無人航空機講習カリキュラムによって、受講開始までに無人航空機の操縦経験がなくても、修了時には許可・承認申請に必要な最低限の操縦能力を身に着けることができます。

 

許可申請に必要な最低限の操縦能力を身につけることが出来る、ということですね。

 

またDIPS(ドローン情報基盤システム)と連携していまして、

 

https://www.dips.mlit.go.jp/portal/

 

 

無人航空機の飛行許可申請をインターネットで出来るサービスのことです。飛行許可承認の申請には、技能認定証をデータでダウンロードしてそのまま申請することが可能です。(書類の一部省略が出来ます)

 

 

最低限の操縦能力を身につけるためにドローン教習所で行うカリキュラム

基礎技能講習はシミュレーターが9割

 

これは以前のブログでも書きましたが、基礎技能講習はシミュレーターが9割です。9時間以上のシミュレーター訓練をしてもらいます。

 

シミュレーターというのはよく出来ていまして、 何回墜落しても壊れません!素晴らしいですね。

 

まずは、プロポの持ち方からはじめましょう。モード1と2の切り替え(だいたい2で行いますが、経験者で1に慣れている人は1で行います)、親指のポジションの確認などをしていきます。

 

こんな感じですね

 

そして高度維持機能(ホバリング)やGPSをオンオフしたりしながら、まっすぐゆっくり動かす操作をします。エルロン、ラダー、エレベーター、スロットルを的確に入れながら微妙なコントロールの訓練をしたりします。

 

基本的な操作を身につけることが目的ですから、あらゆる条件下のもとで飛行させます。そしてどんな条件下でも正確にコントロールができるように、シミュレーターを使用するのです。遠近感、風速、直線、曲線、クアッドコプターやヘキサコプター、オクトコプターなども使用します。

 

こういうのを9時間続けて訓練することで、基本的な操作を身につけることが出来るのですね。

 

 

実機訓練は1時間です

実機ではDJI製のドローンを使用します。

こちらは人数と会場の関係で決めさせて頂いておりますが、Spark、MINI2、Phantom4などを使います。

たまにTelloを使うこともあります。いろんな機種を使うことで動きの違いなどを実感してもらいます。

 

シミュレーターで9時間以上の飛行訓練を終えると、ほとんどの方はきちんとした操作方法を身につけておられます。もう十分に飛行許可申請をすることが出来るとは思いますが、実機でも訓練を1時間する必要があります。

 

まずはシミュレーターでやったことを思い出しながら以下のポイントに沿った訓練を行います。

 

  • 正確な離着陸
  • ホバリング
  • 前後左右の移動
  • 3地点間を正確に結んでの移動(三角)
  • 8の時の飛行訓練

などです。

 

また、実機訓練ではカメラを見ながら着陸地点を探したり、目視での遠近感の違いを実感してもらう訓練なども行います。

 

 

座学も1時限おこないます

 

機体を飛行させるには、機体の点検をしたり、安全システムや飛行ルール、そしてみなさんが基礎技能講習を受けた後に行う「飛行許可申請」について、その方法などを理解しなければなりませんので、そのあたり、検定の筆記試験にはないようなことをレクチャー致します。

 

 

以上、基礎技能講習の内容を3つに分けて書きました。

 

9時間+1時間(座学)+1時間(実機)の合計11時間を2日間で行います。

 

休憩も入れて、だいたい13〜14時間ぐらいでしょうか。基礎技能ライセンスコースを2日間で行う場合は、これに3級講座が4時間加わりますので、毎日9時〜18時ぐらいまでです。

 

時々、これに応用技能講習(目視外飛行や夜間飛行など)も同時に、というリクエストがあります。

 

その場合は21時とかまで行うこともあります。(基礎技能講習と応用技能講習の同時申し込み、同時開催が可能です。希望の方は問い合わせください)

 

以上、ドローン検定・基礎技能講習についての説明でした。

 

 

ドローン操縦士資格を取るなら、ドローン教習所 GARDENZ大阪校で!

トップへ戻る