ドローン検定協会が国内賞金最高額のトイドローンレースに協賛

  • HOME
  • ニュース
  • ドローン検定協会が国内賞金最高額のトイドローンレースに協賛

トイドローンレース国内過去最高額の賞金総額30万円!!ドローン検定協会がトイドローンで出場可能なドローンレースに協賛

この度、ドローン検定協会株式会社(本社:佐賀県鳥栖市 代表:山下壱平)は、青森の地で開催されるDRONE LEAGUEにメインスポンサーとして協賛し、トイドローンを用いた競技会としては、国内過去最高額となる賞金総額30万円のドローンレースを応援いたします。

ドローン検定協会のプレスリリースはこちら

https://www.value-press.com/pressrelease/224516


「DRONE LEAGUE」とは?

DRONE LEAGUE (「ドローンリーグ」略称「Dリーグ」)は、ドローンを用いた競技を行うスポーツリーグ(ドローンレース競技会)です。 これまで、ドローンレースというと、FPV(ドローンに搭載されたカメラ)を用いた高度な技術を必要とする競技が一般的でした。インターネット上にも数多くのレース映像が流れており、一度はご覧になられたことがあるのではないでしょうか?

〜中略〜

ドローンリーグは、従来のようにカラフルな電飾やスピード感のあるドローンではなく、トイドローンやマイクロドローンなど市場に多く流通している一般的なドローンを用いて競技を行います。人に見せるためのドローンレースではなく、競技出場者が楽しめる競技出場者のためのレースを実施します。まさに草野球的ドローンレースと言えます。

 

競技エントリー方法

競技出場のエントリーは、ドローン検定協会ホームページからメンバーサイトにログイン後、ドローンレースメニューよりお申込み頂けます。(エントリー受付開始は、7月下旬を予定。)

 

エントリーまでにドローンレーサーライセンスを取得しておく必要があります。

ライセンス取得については、本校(GDS大阪校)までお問い合わせください。※レーサーライセンスの取得は、ドローン検定の基礎技能講習終了者に限ります。

GDS大阪校では、基礎技能講習は随時受け付けております。7〜9月期の日程はこちらです。各回の定員は5名となっております。お早めにお申し込みください。

ドローンリーグについては、

https://drone-kentei.com/droneleague/

をご覧ください。

以上、トイドローンレースに関するリリースでした。

国交省認定|最短2日で飛行履歴10時間クリア!
詳細・お申込みはこちら

最近のニュース一覧