動画紹介 | GARDENZ travel School

GARDENZ Travel School『国内旅行業務取扱管理者』過去問解説動画

旅行業務取扱管理者 合格のための戦略とは

GARDENZ Travel School主任講師である、株式会社ケイズブレイン代表取締役 小笹誠司が『効率よく資格を取得をするための戦略』について語ります。

どのような試験内容なの?、合格率は?、どれくらい勉強したらいいの?

試験に対して、果たしてどのようなアプローチをするのが効率的で、効果的なのか。

GARDENZ Travel Schoolの考える『旅行業務取扱管理者 合格戦略』がここにあります。

 

平成28年度 国内旅行業務取扱管理者試験問題
旅行業法令の問題を解説します

1)旅行業法令その1『法の目的』について

旅行業法の第一条には、旅行業法の3つの目的とその目的を達成させるための3つの手段が規定されています。

3つの目的とは。。。

  1. 旅行業務に関する取引の公正の維持
  2. 旅行の安全の確保
  3. 旅行者の利便の増進

よく言うところの「公正の維持、安全の確保、利便の増進』でしたね。これはしっかり覚えて下さい。

さて、では手段はどんな種類があるのでしょうか?

続きは動画で説明しますよ!

 

2)旅行業法令その2『旅行業の定義』

さて2問目は『旅行業の定義』について。定義って一体何でしょうか?旅行業は「業」ですから、なりわい=つまり、商いのことです。商売ですね。その「業」はいったいどう定義づけられているのでしょうか?

旅行業法にはこう書かれています。

『旅行業とは、報酬を得て、一定の行為を行う事業のこと』です。

動画ではこの一定の事業のことを解説していきますね。

ここもよく出題される箇所ですから、しっかり覚えて下さいね!

(51)国内地理

(56)貸切バスの運賃計算

2015
(26)募集型「適用範囲…」

(58)宿泊について

(62)JR旅客営業規則

はい、このように、出題箇所からポイントを絞って学習していくのがGARDENZ Travel Schoolの提案する方法です。

参考書や教科書を、前から順番に暗記していく方法を、私たちは採用しません。

過去に出題された箇所を繰り返し学習し、派生用語や派生箇所も一緒に「文脈で・目で・音で・文字で」覚えてしまいます。

そして、その答えを導き出すきっかけとなる『考え方』について学ぶのです・

もう、暗記で消耗しなくていいのです。

 

過去の試験問題2年分を全て解説した動画はこちら!