国内旅行業務取扱管理者 合格ブログ

2017年の国内旅行業務取扱管理者試験に、実質2ヶ月の勉強で合格した学習法をブログにしました。その後は資格取得を活かして旅行業を取得。旅行業の取得から旅行業界の動向など書き綴っております。

旅行業務取扱管理者を目指す人のためのブログ

このブログサイトは、GARDENZ Travel School 代表の清水が2017年の国内旅行業務取扱管理者試験において、実質2ヶ月間の勉強で合格した学習法を公開しています。旅行業界に興味がある、働きたい、旅行資格の取得を目指す人たちにとってお役に立てる記事を目指しています。

旅行業務取扱管理者試験

  • 旅行資格について
  • 旅行業務取扱管理者について
  • 旅行業務取扱管理者 試験概要
  • 過去の試験データ

公的な旅行資格は3種類!

旅行関連の資格としては、国家資格である「旅行業務取扱管理者」があります。旅行業務取扱管理者の種類は国内と総合というのがあり、国内資格者は国内旅行(正式は本邦内)、総合はそれ以外の旅行業務を扱うことが出来ます。例え第3種旅行業者であっても海外の受注型企画旅行を取り扱う場合や旅行相談業務を行う場合は、総合旅行業務取扱管理者の資格が必要です。

続きを読む

旅行業界で唯一の国家資格

旅行業務取扱管理者は、旅行業界では唯一の国家資格です。旅行業者または旅行業者代理業者は、営業所ごとに一定の資格を持った旅行業務取扱管理者を選任して、旅行の取引条件の説明や契約書面の交付などの業務の管理・監督を行わせなければならないと、旅行業法で定められています。

旅行業務取扱管理者とは?

チャンスは年に一度きり!

国内・総合試験はそれぞれ9月上旬、10月上旬に試験が実施されます。そしておおよそ一ヶ月後の合格発表を経て合格者証が送付されます。例年の合格率は20%後半~30%台となっており、決して簡単な試験ではありません。1年に一度しかない試験ですから、一発合格を目指して、しっかり作戦を立てて望みましょう!

試験の詳しい情報はこちら

 

 

合格率は増加傾向?

ちなみに平成29年度(2017年)の国内旅行業務取扱管理者試験の受験者数は 13,772人、合格者は 4,958人、合格率は36%という結果でした。受験者を年齢別で見ると19歳~24歳までが8825人・51.8%と半数以上を占め、30歳代が 2,653人・15.6%、40歳代が2,236人・13.1%、50歳以上が1,789人・10.6%となっています。10~20代の受験者は学生や社会人2年目までと推測されます。逆に50代以上の方は、あくまで想像ですが、起業創業として旅行業を選択している人も多いのではないかと思われます。

過去のデータから今年の難易度を考える

最短2ヶ月で合格する必勝勉強法

  • 巷で一般的な勉強法
  • 目的は合格すること!
  • 速修プログラム

教科書丸暗記をしても合格はできない!?

教科書を丸暗記したら合格できるでしょうか?

効果的で効率的な勉強法はこれだ!

ああああ

最短2ヶ月で合格した勉強法を教えます

あああああ

2017年『GARDENZ パーフェクト解説集』無料公開バージョン

  • 旅行業法令(25問)
  • 旅行業約款(25問)
  • 国内実務-地理(26問)
  • 国内実務-運賃料金(5問)
  • JR運賃の計算(5問)

全編無料公開 『GARDENZ パーフェクト解説集』

フラットボタン-L

2016年『GARDENZ パーフェクト解説集』無料公開バージョン

「過去問の解説動画」でトレーニングする!

私はこの動画で学んで合格しました!

通算で1000人以上の受験生に旅行業務取扱管理者の授業を行った、株式会社ケイズブレイン代表取締役の小笹誠司(こざさ・せいじ)による直近3年間「すべての問題を解説した」動画を制作しました。
全部で約200問あります。ここでは『なぜこの問題の解答がこうなるのか』を、情報、知識、法律の内容なども踏まえながら、わかりやすく解説をしています。

『こういう問題が出題されたらどの答えを選べばいいのか、どういう考え方をすればいいのか?』ということを、この動画で学んで身に付けて頂きます。問題とセットにして何度も繰り返し見て下さい。

「こういう問題が出題されやすい」という傾向も大事ですが、『問題に対する答えの出し方』を覚えたほうがはるかに応用が効きます。そんなエッセンスがぎゅーっと詰まった解説動画です。私もこの動画で学んで合格しました(代表P清水)

オンラインで講師とつながり、いつでも質問、いつでも勉強

GARDENZは、SNS時代のオンラインスクール

過去問解説動画も講義もオンラインです。だからスマホでちょっとした時に見てみて下さい。
そして、もしわからないところがあったら、講師に質問を投げかけてみて下さい(すぐには返信できないでしょうけど)。

通勤電車やバス、行き帰りのカフェ、図書館、自宅のリビングやソファ、もちろん机に座ってパソコンでじっくりというスタイルもいいですね。GARDENZ Travel School は学習スタイルを変え、ライフスタイルを変え、合格率を上げたいと考えています。

通学のように時間に縛られず、通信のように質問に制限があったり、すぐに返信が来なかったりすることもありません。
GARDENZ Travel School は、まさにSNS時代のオンラインスクールを目指しています。