2017-旅行業法令(10)「旅行業務取扱料金」

2017 国内 過去問解説, 2017 旅行業法令

『GARDENZ パーフェクト解説集』ブログバージョン

国内旅行業務取扱管理者資格講座 2017年度問題の解説

 

【問題10】旅行業務の取扱いの料金に関する法第12条第1項の規定について、(1~3)の中に入る語句の組合せで正しいものはどれか。

法第12条第1項
旅行業者は、(1)の開始前に、旅行者(2)する旅行業務の取扱いの料金(企画旅行に 係るものを除く。)を定め、これをその営業所において(3)ならない。これを変更するときも、 同様とする。

ア、①事業から収受    ③旅行者に見やすいように掲示しなければ

イ、①旅行 ②に請求       ③旅行者に見やすいように掲示しなければ

ウ、①事業 ②に請求       ③旅行者が閲覧することができるように備え置かなければ

エ、①旅行 ②から収受    ③旅行者が閲覧することができるように備え置かなければ

【解答】「ア」

 

【ワンポイントレッスン】
取扱い料金は「事業開始前に定める」「認可、届出は不要」などがあります。

【解説】
(3)「旅行者が閲覧することができるよう備え置かなければならない」は約款の掲示方法です。

 

【出題ポイント】

  • 「料金」は必ず出題されます。
  • 開始後、速やかに料金を定め、もよく登場する引掛けなので気を付けましょう。

この問題は、覚える知識も多くないので確実に点数に結び付けましょう。

PDF版『GARDENZ パーフェクト解説集』絶賛発売中です。

過去問パーフェクト解説集 「おためし版」ダウンロードページ

この解説を、講師が動画で解説しています!独学で勉強するならこれが役に立ちます!(まずはおためし動画あります!)

 

今すぐ買うならこちら!

講師と直接つながり、スマホで質問、スマホで勉強!忙しい社会人にピッタリです。

目指したのはSNS時代のオンラインスクールです。5月入会なら4ヶ月コースと余裕があります。

ネット講義が月額7,900円
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ