2017-旅行業法令(11)「旅行業約款」

2017 国内 過去問解説, 2017 旅行業法令

『GARDENZ パーフェクト解説集』ブログバージョン

国内旅行業務取扱管理者資格講座 2017年度問題の解説

今回は旅行業約款についての問題

【問題11】旅行業約款に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

ア、旅行業者は、旅行者と締結する旅行業務の取扱いに関する契約に関し、旅行業約款を定め、登録行政庁の認可を受けなければならない。

イ、旅行業者等は、旅行業約款をその営業所において、旅行者に見やすいように掲示し、又は旅行者が閲覧することができるように備え置かなければならない

ウ、旅行業者が、観光庁長官及び消費者庁長官が定めて公示した標準旅行業約款よりも旅行者に有利な旅行業約款を定めた場合は、その約款については、登録行政庁の認可を受けることを要しない

エ、旅行業者は、旅行業約款について国土交通省令・内閣府令で定める軽微な変更をしようとする場合は、登録行政庁の認可を受けることを要しない

【解答】「ウ」が誤り

 

【ワンポイントレッスン】

  1. 「約款」は
    •  登録行政庁の認可が必要。但し軽微な変更の場合は認可不要
    • 標準旅行業約款を使用する場合は認可不要 など
  2. 「約款の記載事項」
    • 金銭の収受、払い戻しに関する事項
    • 契約の変更、解除に関する事項 など

【解説】

  • ア、イ、エ、は正しい記述です。
  • ウ、は例え有利であっても認可は必要です。

 

【出題ポイント】

  • 料金、約款、標識はそれぞれ「誰に」対して「どのように」掲示するのかを区別して覚えましょう。
  • 旅行業者代理業者の場合、受託契約の場合、掲示方法はいずれもよく問われる分野です。
  • 今回は出題されませんでしたが、「旅行業約款の記載事項」は高頻度で出題されます。

書き込んで使おう!

PDF版『GARDENZ パーフェクト解説集』絶賛発売中です。

過去問パーフェクト解説集 「おためし版」ダウンロードページ

この解説を、講師が動画で解説しています!独学で勉強するならこれが役に立ちます!(まずはおためし動画あります!)

 

今すぐ買うならこちら!

国内旅行業務取扱管理者を、独学・最短で取得する!

全263本の解説テキストと動画(3年分)で、独学・最短での取得を目指そう!

解説動画263本が19,800円で見放題
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ