2017-旅行業法令(17)「誇大広告の禁止」

2017 国内 過去問解説, 2017 旅行業法令

『GARDENZ パーフェクト解説集』ブログバージョン

国内旅行業務取扱管理者資格講座 2017年度問題の解説

今回は「誇大広告の禁止」についての問題です

 

【問題17】誇大広告の禁止に関する法第12条の8の規定について、 の中に入る語句の組合せで正しいものはどれか。

法第12条の8
( ① )は、( ② )について広告をするときは、広告された旅行に関するサービスの内容その他の国土交通省令・内閣府令で定める事項について、著しく事実に相違する表示をし、又は実際のものよりも著しく優良であり、若しくは有利であると人を( ③ )ような表示をしてはならない。

ア、①旅行業者  ②企画旅行       ③誤認させる

イ、①旅行業者等 ②旅行業務       ③誤認させる

ウ、①旅行業者  ②旅行業務       ③誘引する

エ、①旅行業者等 ②企画旅行       ③誘引する

【解答】「イ」

 

【ワンポイントレッスン】

「誇大広告の禁止」
旅行業務に関する広告について(企業のイメージアップなど、募集広告も含む)著しく事実と相違する表示をしてはなりません。具体的な禁止事項として、「サービスの品質」「旅行者の安全」などに関わることで、上記のような広告は禁止されています。

【解説】
誇大広告の禁止には、企画旅行の募集広告はもちろん、旅行業務についての広告(企業のイメージアップなど)も含まれます。

【出題ポイント】
・「誇大広告の禁止」は必ず出題されます。
・「広告の表示事項」と「誇大広告の禁止事項」は区別して覚えるようにしましょう。

書き込んで使おう!

PDF版『GARDENZ パーフェクト解説集』絶賛発売中です。

過去問パーフェクト解説集 「おためし版」ダウンロードページ

この解説を、講師が動画で解説しています!独学で勉強するならこれが役に立ちます!(まずはおためし動画あります!)

 

今すぐ買うならこちら!

国内旅行業務取扱管理者を、最短3ヶ月で合格する方法

忙しい社会人にはゆっくり勉強している時間はありません。過去問だけで合格実績多数

解説動画263本が19,800円で見放題
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ