2017-旅行業法令(19)「禁止行為」

2017 国内 過去問解説, 2017 旅行業法令

『GARDENZ パーフェクト解説集』ブログバージョン

国内旅行業務取扱管理者資格講座 2017年度問題の解説

今回は「禁止行為」についての問題です

 

【問題19】禁止行為に関する次の記述から、正しいもののみをすべて選んでいるものはどれか。

  1. 旅行業者等は、その営業所に掲示した旅行業務の取扱いの料金を超えて料金を収受する行為をしてはならない。
  2. 旅行業者等は、旅行業務に関し取引をした者に対し、その取引によって生じた債務の履行を不当に遅延する行為をしてはならない。
  3. 旅行業者等又はその代理人、使用人その他の従業者は、運送サービス(専ら企画旅行の実施のために提供されるものに限る。)を提供する者に対し、輸送の安全の確保を不当に阻害する行為を行ってはならない。
  4. 旅行業者等又はその代理人、使用人その他の従業者は、旅行者に対し、旅行地において特定のサービスの提供を受けること又は特定の物品を購入することを強要する行為を行ってはならない。

ア、a,d
イ、a,b,c
ウ、b,c,d
エ、a,b,c,d

【解答】「エ」

 

【ワンポイントレッスン】

「禁止行為」には、以下のようなことがあります。

  • 掲示した旅行業務取扱料金を超えて収受する
  • 取引相手に故意に事実を告げず、または不実の事を告げる
  • 債務の履行を不当に遅延する
  • 法令に違反する行為(サービス)を斡旋する。又は広告する
  • 輸送の安全確保を不当に阻害する
  • 特定のサービスの提供、特定の物品を購入することを強要する
  • 名義貸し
  • 営業の貸渡し

【解説】
a、b、c、d、はいずれも正しい記述です。

【出題ポイント】

  • 「禁止行為」は必ず出題されます。
  • 覚える知識も多くないので確実に点数に結び付けましょう。
  • なお、旅行業務取扱料金は旅行者の承諾があっても超えての収受は禁止です。

 

書き込んで使おう!

PDF版『GARDENZ パーフェクト解説集』絶賛発売中です。

過去問パーフェクト解説集 「おためし版」ダウンロードページ

この解説を、講師が動画で解説しています!独学で勉強するならこれが役に立ちます!(まずはおためし動画あります!)

 

今すぐ買うならこちら!

講師と直接つながり、スマホで質問、スマホで勉強!忙しい社会人にピッタリです。

目指したのはSNS時代のオンラインスクールです。5月入会なら4ヶ月コースと余裕があります。

ネット講義が月額7,900円
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ