2017-旅行業法令(22)「業務改善命令」

2017 国内 過去問解説, 2017 旅行業法令

『GARDENZ パーフェクト解説集』ブログバージョン

国内旅行業務取扱管理者資格講座 2017年度問題の解説

今回は「業務改善命令」についての問題です。

 

【問題22】業務改善命令に関する次の記述から、正しいもののみをすべて選んでいるものはどれか。

  1. 登録行政庁は、旅行業者に対し、旅行業務の取扱いの料金の変更を命ずることができる。
  2. 登録行政庁は、旅行業者に対し、旅行業約款を変更することを命ずることができる。
  3. 登録行政庁は、旅行業者に対し、企画旅行に係る旅程管理のための措置を確実に実施することを命ずることができる。
  4. 登録行政庁は、旅行業者に対し、旅行者に生じた損害を賠償するために必要な金額を担保することができる保険契約を締結することを命ずることができる。

ア、a,d
イ、a,b,c
ウ、b,c,d
エ、a,b,c,d

【解答】「エ」

 

【ワンポイントレッスン】

  1. 登録行政庁は、旅行業者等に対して「業務改善命令」を出すことが出来ます。主なところでは以下のようなものがあります。
  • 旅行業務取扱管理者の解任
  • 料金及び旅行代金の変更
  • 約款の変更
  • 旅程管理措置の確実な実施
  • 損害賠償金が担保できるよう保険契約締結

【解説】
選択肢はすべて正しい記述です。

【出題ポイント】

この問題は、覚える知識も多くないので確実に点数に結び付けましょう。

PDF版『GARDENZ パーフェクト解説集』絶賛発売中です。

過去問パーフェクト解説集 「おためし版」ダウンロードページ

この解説を、講師が動画で解説しています!独学で勉強するならこれが役に立ちます!(まずはおためし動画あります!)

 

今すぐ買うならこちら!

国内旅行業務取扱管理者を、最短3ヶ月で合格する方法

忙しい社会人にはゆっくり勉強している時間はありません。過去問だけで合格実績多数

解説動画263本が19,800円で見放題
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ