2017-旅行業法令(15)「外務員」

2017 国内 過去問解説, 2017 旅行業法令

『GARDENZ パーフェクト解説集』ブログバージョン

国内旅行業務取扱管理者資格講座 2017年度問題の解説

今回は「外務員」についての問題です

 

【問題15】外務員の証明書携帯等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

ア、外務員の証明書の交付を受けた旅行業者等の役員又は使用人は、その営業所内において、旅行業務について取引を行う場合であっても、外務員の証明書を携帯していなければならない。

イ、旅行業者等の役員又は使用人は、その旅行業者等のために営業所以外の場所で旅行業務について取引を行うときは、外務員の証明書を携帯していれば、当該証明書を提示することを要しない

ウ、外務員は、旅行者が悪意であったときも、その所属する旅行業者等に代わって、旅行者との旅行業務に関する取引についての一切の裁判外の行為を行う権限を有するものとみなされる。

エ、旅行業者等は、勧誘員、販売員、外交員その他いかなる名称を有する者であるかを問わず、役員又は使用人のうち、その営業所以外の場所でその旅行業者等のために旅行業務について取引を行う者に対し、外務員の証明書を交付する。

【解答】「エ」

 

【ワンポイントレッスン】

「外務員」とは

  • いかなる役職も営業所以外で取引を行なう者は外務員
  • 営業所以外で取引を行なう場合、外務員証を携帯させなければならない などがあります。

 

【解説】

ア、営業所以外の場所での携帯は必要ですが、「営業所内において」は不要です。

イ、旅行者からの求めの有無にかかわらず、必ず提示しなければなりません。

ウ、旅行者に悪意があった場合は責任を負う必要はありません。

エ、正しい記述です

 

【出題ポイント】

  • 「外務員」は必ず出題されます。
  • 覚える知識も多くないので確実に点数に結び付けましょう。
  • 気を付けたいのが、旅行業者代理業者の外務員に対し、外務員証を発行するのは旅行業者代理業者自身です。所属旅行業者や観光庁長官ではありません。

書き込んで使おう!

PDF版『GARDENZ パーフェクト解説集』絶賛発売中です。

過去問パーフェクト解説集 「おためし版」ダウンロードページ

この解説を、講師が動画で解説しています!独学で勉強するならこれが役に立ちます!(まずはおためし動画あります!)

 

今すぐ買うならこちら!

国内旅行業務取扱管理者を、最短3ヶ月で合格する方法

忙しい社会人にはゆっくり勉強している時間はありません。過去問だけで合格実績多数

解説動画263本が19,800円で見放題
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ