旅行関連資格について

試験ガイダンス

公的な旅行資格は3種類!

旅行関連の資格として、まずは国家資格である「旅行業務取扱管理者」があります。旅行業務取扱管理者の種類は国内と総合というのがあり、国内は国内旅行(正式は本邦内)、総合はそれ以外の旅行業務全般となっております。

旅行業務取扱管理者以外には、観光庁が認定する「旅程管理主任者」があります。こちらはツアーコンダクターの資格として知られており、企画旅行の添乗員として同行する際に必要な資格です。旅程管理主任者資格は国内の認定機関が実施する研修と試験によって取得が可能で、時期も随時実施している機関が多く、国家資格である旅行業務取扱管理者と比べると比較的取得しやすい資格と言えるでしょう。
どちらも仕事内容によって変わりますので、これから旅行業界を目指す方はどちらも取得しておいたほうがいいかもしれません。

国内旅行業務取扱管理者を、独学・最短で取得する!

全263本の解説テキストと動画(3年分)で、独学・最短での取得を目指そう!

解説動画263本が19,800円で見放題
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ