国内旅行業務取扱管理者2015 旅行業法-23『業務改善命令』

2015 国内 過去問解説, 2015 旅行業法令, GARDENZ Travel School

国内旅行業務取扱管理者資格講座 2015年度問題の解説【旅行業法23-業務改善命令】

【1】旅行業法及びこれに基づく命令
以下の各設問について、該当する答を、選択肢の中からそれぞれ1つ選びなさい。

<問題23>次の記述から、登録行政庁が旅行業者等に命ずることができる措置(業務改善命令)として定められているもののみをすべて選んでいるものはどれか。

a. 旅行業約款を変更すること。

b. 旅行者に生じた損害を賠償するために必要な金額を担保することができる保険契約を締結すること。

c. 旅行業務の取扱いの料金又は企画旅行に関し旅行者から収受する対価を変更すること。

ア. a,b  イ. a,c  ウ. b,c  エ. a,b,c

 

<解説>

登録行政庁が命令できる業務改善命令について、大きなところを上げておきます。

  • 管理者の解任
  • 料金及び旅行代金の変更
  • 約款の変更
  • 旅程管理の実施
  • 保険契約の締結

などがあります。

それでは問題を見ていきます。

定められているものを全て選んでいる項目はどれか?です。

a. 旅行業約款の変更→ありますね。

b. 保険契約の締結→ありますね。

c. 旅行代金の変更→ありますね。

ということで、全てありますので正解は【エ】となります。

 

講師と直接つながり、スマホで質問、スマホで勉強!忙しい社会人にピッタリです。

目指したのはSNS時代のオンラインスクールです。5月入会なら4ヶ月コースと余裕があります。

ネット講義が月額7,900円
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

アーカイブ