国内管理者2015 標準旅行業約款 10:募集型企画旅行「団体・グループ契約、契約責任者」

2015 国内 過去問解説, 2015 旅行業約款, GARDENZ Travel School

国内旅行業務取扱管理者資格講座 2015年度問題の解説【約款 10】

<2:旅行業約款、運送約款及び宿泊約款>

1:標準旅行業約款に関する以下の各設問について、該当する答を、選択肢の中からそれぞれ1つ選びなさい。

(問題 10)募集型企画旅行契約の部「団体・グループ契約、契約責任者」に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

ア. 旅行業者は、特約を結んだ場合を除き、契約責任者はその団体・グループを構成する旅行者(本問において、以下「構成者」という。)の契約の締結に関する一切の代理権を有しているものとみなす。

イ. 契約責任者は、旅行業者が定める日までに、構成者の名簿を旅行業者に提出しなければならない。

ウ. 旅行業者は、契約責任者が構成者に対して現に負い、又は将来負うことが予測される債務又は義務については、その責任の一部を負う。

エ. 旅行業者は、契約責任者が団体・グループに同行しない場合、旅行開始後においては、あらかじめ契約責任者が選任した構成者を契約責任者とみなす。

 

<解説>

誤りをひとつ選びます。

ア.契約責任者=幹事という意味で考えて下さい。構成者=団体のメンバーですから、幹事はその代表として、契約に関する一切の代理権を有します。正しいです。

イ.「構成者の名簿」を提出しなければならない。正しいです。

ウ.「旅行業者は、~その責任の一部を負う」→旅行業者は、債務や責任・義務については負いません。誤りですね。

エ.契約責任者が旅行に同行しない場合は、「あらかじめ契約責任者が選任した構成者を契約責任者とみなす」→正しいです。
今回は誤りをひとつ、ということで正解は【ウ】となります。

 

国内旅行業務取扱管理者を、独学・最短で取得する!

全263本の解説テキストと動画(3年分)で、独学・最短での取得を目指そう!

解説動画263本が19,800円で見放題
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

アーカイブ