2016-旅行業法令(17)『広告の表示事項』

2016 国内 過去問解説, 2016 旅行業法令

『GARDENZ パーフェクト解説集』ブログバージョン

国内旅行業務取扱管理者資格講座 2016年度問題の解説

今回は「広告の表示事項」に関する出題です。

企画型旅行の募集広告には、「表示方法と表示事項」が定められています。企画旅行の広告とは、企画旅行に参加する旅行者(お客さま)を募集するための広告です。その企画に参加するかどうかを決めるにあたって、その決め手となる事柄を(パンフレットや新聞・折込広告、インターネットなどへ)表示する必要があります。

問題と解説、そして最後に回答を書いています。

<問題17>次の記述から、企画旅行に参加する旅行者を募集するための広告の表示事項として、定められているもののみをすべて選んでいるものはどれか。

a. 旅行の目的地及び日程に関する事項

b. 責任及び免責に関する事項

c. 旅程管理業務を行う者の同行の有無

d. 契約の変更及び解除に関する事項

ア.(a,b) イ.(a,c) ウ.(b,d) エ.(a,c,d)

 

<解説>

企画型旅行の広告に記載する事項として8つの項目が定められています。この8つの項目は非常に重要ですので、全部覚えてしまいましょう。

1)企画者の名称、登録番号

2)目的地や日程

3)サービスの内容

4)対価(価格)

5)旅程管理業務を行う者の同行の有無(添乗員の有無)

6)最少催行人員

7)サービスに運送サービスが含まれる場合の、輸送の安全に関する情報

8)取引条件の説明を行う旨

 

問題を見てみましょう。

a, c については8つの表示事項にありますが、b, d についてはありません。広告という限られたスペースにおいて、責任や免責事項、契約の変更や解除などを細かく記載するスペースがありません。これらは、取引条件の説明や契約段階で旅行業者から説明を受けることになりますので、広告の中で必ずしも記載しなくてもいいということになっています。

今回は「定められているものすべて」ということですから、a,c の「イ」が正しい答えとなります。

国内旅行業務取扱管理者を、最短3ヶ月で合格する方法

忙しい社会人にはゆっくり勉強している時間はありません。過去問だけで合格実績多数

解説動画263本が19,800円で見放題
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

アーカイブ