国内旅行業務取扱管理者2016 国内実務-03:国内観光地理「モデルコース」

2016 国内 過去問解説, 2016 国内実務-地理

国内旅行業務取扱管理者資格講座 2016年度問題の解説【国内実務-国内観光地理】

3 <国内観光地理>

モデルコース問題です。

モデルコース問題の解き方としては、点で考えるのではなく必ず面で捉え、地図と合わせて覚えるようにして下さい。地図と照らし合わせながら周辺にどのような観光地があるのかなと見ながら考えて覚えていくようするのがポイントです。興味がある場所があったら実際に行ってみるのも一つの方法かと思います。

今回も過去問に従って解説を進めていきます。

それでは、早速見ていきましょう。

 

3.以下の各設問の行程について、前後に最も近い観光地を、選択肢の中からそれぞれ1つ選んで【 】を埋め、モデルコースを完成させなさい。

(1) 高松駅--瀬戸大橋--【 イ 】--岡山後楽園--岡山駅

ア.美ヶ原高原美術館  イ.大原美術館  ウ.国立西洋美術館  エ.足立美術館

<解説>
四国側から瀬戸大橋を渡ると岡山県に入ります。その後の行程が岡山県ですので、ここは岡山県にある美術館で選びます。
アは長野県、ウは東京都、エは島根県ですので、コースとしては倉敷の大原美術館が正しい答えになります。大原美術館は問題に出やすいですので、キーワードとしては「エルグレコの受胎告知」という作品と合わせて覚えていくようにしましょう。
また、国立西洋美術館は2016年に世界遺産として登録されました。世界遺産として登録された美術館としてこちらも覚えておいて下さい。

 

(2) 新函館北斗駅--五稜郭跡--【 ア 】--函館山ロープウェイ--湯の川温泉(泊)

ア.金森赤レンガ倉庫群  イ.北海道開拓の村  ウ.白い恋人パーク  エ.昭和新山熊牧場

<解説>
北海道の問題です。函館北斗駅から五稜郭、その後が函館山ロープウェイですから函館周辺の観光地で考えましょう。ちなみに湯の川温泉も函館にある温泉地として必ず覚えていくようにしましょう。また、赤レンガ倉庫群としては小樽と勘違いしやすのですが、小樽は赤レンガではありませんので間違えないようにして下さい。
この中ではアが正解です。イは札幌、ウも札幌、エは洞爺湖の近くですから函館からは少し遠いですね。

 

(3) 静岡駅--登呂遺跡--久能山東照宮--【 エ 】--熱海温泉(泊)

ア.竜神大吊橋  イ.佐田の沈下橋  ウ.伊良部大橋  エ.三島スカイウォーク

<解説>
静岡から熱海までのコースの問題です。
エの三島スカイウォークは2016年に完成した吊橋として出題されたものと思われます。
アは茨城県、イは高知県の四万十川にかかる沈下橋です。四万十川と沈下橋はセットで覚えておいて下さい。ウは沖縄県の宮古島にあります。

 

(4) 鳥取駅--【 ウ 】--鳥取砂丘--三徳山三佛寺--三朝温泉(泊)

ア.鞆の浦  イ.雨晴海岸  ウ.浦富海岸  エ.笹川流れ

<解説>
鳥取駅から三朝温泉まで、鳥取県内のコースになります。
浦富海岸は鳥取砂丘のそばにありますが、山陰海岸ジオパークとして登録されているところですので、セットで覚えておいて下さい。
アは広島県、イは富山県、エは新潟県にあります。笹川流れは川ではなく海岸になっていますので、こちらも覚えておいて下さい。

国内旅行業務取扱管理者を、独学・最短で取得する!

全263本の解説テキストと動画(3年分)で、独学・最短での取得を目指そう!

解説動画263本が19,800円で見放題
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

アーカイブ