2016-旅行業法令(8)『営業保証金の還付』

2016 国内 過去問解説, 2016 旅行業法令, GARDENZ Travel School

『GARDENZ パーフェクト解説集』ブログバージョン

国内旅行業務取扱管理者資格講座 2016年度問題の解説

今回は「営業保証金の還付」に関する出題です。

問題と解説、そして最後に回答を書いています。それでは見ていきましょう。

<問題8>営業保証金の還付に関する次の記述から、旅行業者が供託した営業保証金について、債権の弁済を受ける権利を有する者に該当するもののみをすべて選んでいるものはどれか。

a.旅行業者と旅行業務に関し取引をした旅行者

b.旅行業者を所属旅行業者とする旅行業者代理業社と旅行業務に関し取引をした旅行者

c.旅行業者が旅行者に提供するために必要と見込まれる運送サービスの提供に係る契約を締結した運送事業社

d.旅行業者が合併により設立された法人であり、旅行業者であった消滅会社より営業保証金についての権利を承継し、その旨を登録行政庁に届け出た場合における当該消滅会社と旅行業務に関し取引をした旅行者

ア.(a, c)  イ.(a, b, d)  ウ.(b, c, d)  エ.(a, b, c, d)

 

<解説>
—————————————————————————-
営業保証金の還付=旅行代金の弁済を受けること、と覚えて下さい。そして、この営業保証金の還付が受けられるのは「旅行者のみ」であって、ホテルや交通機関などのサービス期間は対象外で還付を受けることが出来ませんのでこれも注意して下さい。

—————————————————————————-
さて、これらを踏まえて選択肢を見ていきましょう。

a.は「旅行者」とあります。

b.も同様、d.も同様に最後には「旅行者」と書いてあります。

しかし、c.だけは運送事業社だと書いてます。還付は「旅行者」以外は受けられませんので、こちらは誤りと言えます。

という観点から問題を見ていきますと、正しい選択肢は(イ)になります。

講師と直接つながり、スマホで質問、スマホで勉強!忙しい社会人にピッタリです。

目指したのはSNS時代のオンラインスクールです。5月入会なら4ヶ月コースと余裕があります。

ネット講義が月額7,900円
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

アーカイブ