国内旅行業務取扱管理者2015 国内実務-09-1:「航空(往復運賃)」

2015 国内 過去問解説, 2015 国内実務-運賃料金

国内旅行業務取扱管理者資格講座 2015年度問題の解説【国内実務-航空】

9-(1)<航空(往復運賃)>

往復航空運賃についての問題です。往復運賃にはいくつかのルールがありますのでしっかり覚えましょう。

今回も過去問に従って解説を進めていきます。

それでは、早速見ていきます。

9. 航空による運送に関する以下の各設問について、それぞれ選択肢の中から答を1つ選びなさい。

(1) 全日本空輸の「往復運賃」に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

ア.往復運賃は、出発前に往復かつ同時に航空券を購入する必要がある。

イ.往復運賃の予約・発売期間は、搭乗日2ヵ月前の指定時刻から搭乗日3日前の指定時刻までである。

ウ.往復運賃は、同一区間を5日以内に往復する場合に限り適用される。

エ.往復運賃は、予約便の変更及び航空券の名義の変更ができる。

<解説>

ア.正しいです。

イ.予約発売期間は、搭乗2ヶ月前から当日まで予約・購入可能です。

ウ.同一区間を5日以内(誤)→90日以内(正)

エ.名義の変更は出来ません。(予約便の変更は出来ます)

正しいものをひとつ、ということですから今回は【ア】が正解となります。

 

講師と直接つながり、スマホで質問、スマホで勉強!忙しい社会人にピッタリです。

目指したのはSNS時代のオンラインスクールです。5月入会なら4ヶ月コースと余裕があります。

ネット講義が月額7,900円
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

アーカイブ